目次


2.いろいろなハチミツ治療法


ハチミツに含まれるビタミンやミネラルをはじめ、いろいろな成分がわたしたちの身体を元気にしてくれます。

成長時に必要な必須成分から老化防止のビタミン・ミネラル・ポリフェノール・・・。 

傷やヤケドにも、抗菌・殺菌に必要な酵素や有機酸、ポリフェノールが有効で、ビタミンなどが皮膚の再生を促してくれます。 

 

ハチミツに含まれるビタミンの92%が活性型ビタミンです。つまり、サプリメント等のように不活性型のビタミンは含有量を多くしないと効果が得られないのと比べ、活性型は少量で効果が得られます。また、ほうれん草などは収穫後からどんどんビタミンCが減っていきますが、ハチミツに含まれるビタミンは安定していますので、保存していてもその効果は変わらないそうです。


このように、20世紀になってから科学的な根拠が解明されてきたハチミツですが、古来からその多様な効能に着目していくつもの治療法がありました。


その代表的な治療法を紹介します。

 

 

*治療は、医師による治療や薬剤師による処方が優先されます。決して、この治療法を勧めているわけではありません。  


アーユルヴェーダ編


視力 にんじんジュースにティースプーン2杯のハチミツを混ぜたものを毎日摂ることで、視力の改善に効果があります。長時間パソコンを使用する人に有効です。
風邪・咳 風邪の咳・呼吸が苦しい時には、ティースプーン2杯のハチミツと同量のジンジャージュースを混ぜたものを服用します。
喘息 ハチミツとジンジャージュースを合わせたものに、同量の黒胡椒(粉)を加えたものを1日3回服用することで喘息が緩和します。
血圧 ティースプーン2杯のハチミツとティースプーン1杯のにんにくジュースを合わせたものの常用は、血圧を正常にする効果があります。
ダイエット 朝一番の空腹の状態で、温めのお湯にティースプーン2杯のハチミツとティースプーン1杯のレモンジュースを加えたものを飲むことで、血液を浄化し脂肪を減少させることができます。
安眠 寝る前に温めのお湯にティースプーン2杯のハチミツを服用します。
夜尿症 温めのお湯にティースプーン2杯のハチミツを服用します。

吐き気

咳・風邪

トゥルシー(バジル)の葉のジュースにティースプーン2杯のハチミツを服用します。
胃・骨の癌 一杯シナモンパウダーと1杯のハチミツを1日3回服用します。
*癌については、アーユルヴェーダの研究にてハチミツの抗酸化物質による癌細胞の成長抑制効果が認められているそうです。
しかし、そもそもアーユルヴェーダと西洋医学において健康状態や病の完治は、定義・認識が若干異なります。一般的な西洋医療における完治と混同されないようご注意願います。
*病に関しては、医師またはアーユルヴェーダ医師とご相談の上、治療方針を定めて一日も早く健康な日々を送られることを願います。